知ったかブリーフな夜

けして知ったかぶりは、したくない・・・



  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐竜の子供の全身化石を発見

2009.02.10 (Tue)

 林原(はやしばら)自然科学博物館(岡山市)の一員として、93年からモンゴル・ゴビ砂漠に眠る恐竜を追う。白亜紀後期(約7000万年前)の地層から発見した化石が、ティラノサウルス科恐竜のタルボサウルス(体長2メートル、推定5歳)だったと昨夏発表。子供の全身化石発見は世界初で、大きな注目を浴びた。頭蓋骨(ずがいこつ)をコンピューターで断層撮影すると、鳥の脳との共通性が分かり、今後は脳の構造や成長速度などを研究する。

 子供のころ、ウルトラマンに熱中した。大学院生の時、モンゴルの恐竜研究者と意気投合し、「将来は一緒に調査を」と約束した。専門は、恐竜化石と馬などの哺乳(ほにゅう)類化石の研究。モンゴル科学アカデミー古生物学センターとの共同調査では、日本隊のリーダーを務める。調査は、日が長く、気候が安定した夏季の約1カ月が勝負という。

 60度近い地表から頭部がのぞいたのは06年夏だった。「掘り進めるとまだまだ出てくる。焼け付くような暑さも忘れた」。恐竜の子供は骨がもろいため化石になりにくいというが、化石は胴体を反らせて、頭部を背中にくっつけた状態だった。岩石から化石を取り出し、タルボサウルスと特定するまで2年近く要した。息の長い仕事だ。

 「ゴビ砂漠は、恐竜の世界をのぞき見るキラキラ光る窓のようなもの」。今夏もゴビ砂漠に赴く。今度はどんなお宝が飛び出すか。

【椋田佳代】

 【略歴】渡部真人(わたべ・まひと)さん。愛媛県出身、大阪市立大大学院(理学博士)修了。趣味はロシア製カメラの収集。妻と2人暮らし。48歳。

ひと:渡部真人さん=恐竜の子供の全身化石を発見、研究

夢中になれる物を仕事になさっている人は、幸せでいいですなぁ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

プロフィール

raumenwin

Author:raumenwin
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

訪問者数

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。